感染対策等について

美容室ができる感染予防策について

  • 複数のスタッフが共有する器具の消毒
  • お客様も触れる箇所(高頻度接触箇所)を特定して消毒 例)受付テーブル、美容椅子、ドライヤー、美容用剤、シャワーヘッド、ドアノブ、電気のスイッチ、電話、レジ、蛇口、手すり、エレベーターのボタンなど
  • 換気状況、人と人との距離、密となる作業場所など
 など
  • 対人距離を確保(2mを目安に最低1m以上確保に努める)
  • 来店者の整理(予約者数や予約時間等、来店者数の調整)
  • 美容椅子の間隔に配慮
  • 発熱や感冒症状などのお客様の来店制限
  • 入口やサロン内のアルコール手指消毒薬の設置または石鹸と流水による手洗いの励行
  • マスクの着用
  • サロン内の換気(2つの窓を同時に開けるなどの対応)
  • タオル、ケープの交換、器具の消毒をその都度実施
  • 共用物品は最小限
  • スタッフやお客様が共用する物品や箇所は随時清拭(きれいに拭き取る)消毒
 など
  • 施術の予約時間の調整(密にならないように)
  • 施術に影響しない範囲でお客様にもマスクの着用を促す
  • 万が一感染が発生した場合に備え、個人情報の取り扱いに十分注意しながら顧客名簿は3週間以上適正に管理など
  • 高齢者や持病のあるお客様については、重症化リスクが高いので、予約時又は来店時により慎重に体調や体温等について伺い、場合によっては来店日変更等の対応をする。など
 など
  • 使用する美容椅子の間隔を広く確保(2mを目安に最低1m以上確保に努める)
  • スタッフは脛にマスク着用、会話は最小限
  • 必要に応じてフェイスガードやゴーグル等を着用
 など
  • 便器内は通常の清掃でOK
  • ドアノブや便座、手洗いの蛇口等は定期的に清拭(きれいに拭き取る)消毒。
  • トイレの蓋を閉めて汚物を流すように表示
  • ペーパータオルを設置するか、個人用にタオルを準備(タオルの共有は禁止)。
 など
  • 待合室は予約時間の調整を行い、なるべく待合室を使用しない。
  • スタッフルームは一度に休憩する人数を減らし対人距離を確保し、対面で飲食や会話をしない。
  • 常時換気に努める
  • 共有する物品(テーブル、椅子、水道の蛇口等)は、定期的に清拭(きれいに拭き取る)消毒。
  • 入退室の前後に手指消毒又は石鹸と流水による手洗いをする
 など
  • 鼻水や唾液が付いたゴミはビニール袋に入れて密閉して縛る
  • ゴミ回収する人はマスクと手袋を着用
  • マスクや手袋を脱いだ後は必ず手指消毒または石鹸と流水による手洗い
 など
  • 常に爪を短く切る
  • お客様1人ごとの作業前及び作業後や会計後等のこまめな手指消毒又は石鹸と流水による手洗いの徹底
  • マスク着用等の咳エチケットの徹底
  • 必要に応じて手袋等を着用
  • 時差出勤、自転車通勤の活用
  • ユニフォームや衣服はこまめに洗濯
  • 出勤前の体温チェック
 など

全日本美容業生活衛生同業組合連合会が、「美容業における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」を改訂しました。必ずご確認ください。 このガイドラインを全ての美容業従事者の皆様に周知する必要がありますので、このテキスト部分をクリックしていただきPDFをダウンロードして、お知り合いの美容業界関係者の方々にご周知のほどお願い致します。

なお、施設内の換気については、厚生労働省作成の『「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気方法』を参考に取り組むということがガイドライン内に記載されておりますので、こちらも必ずご確認いただき、サロン内の換気方法に取り入れてください。
※「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000618969.pdf
※冬場における「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法
https://www.mhlw.go.jp/content/000698868.pdf

海外の例として、アメリカではロックダウン発表後、理美容室は営業禁止になっていましたが、ジョージア州が4/27以降、営業再開となりました。他の州に先行して営業再開許可を発表したジョージア州では、営業の条件として厳しい衛生ガイドラインが提示されております。
スタイリストの日常の衛生管理、お客様の来店~施術~退店の際の衛生面での注意点等、5ページに渡り、かなり詳細まで記載されています

【ガイドライン】
https://sos.ga.gov/PLB/acrobat/Forms/28%20Safety%20Guidelines%20for%20Return%20to%20Work%20-%20COVID19.pdf

https://vimeo.com/413960130

【概要】
①サロンの衛生環境の整備
②来店者数の制限
③飛び込みを受け付けず、事前予約者のみ施術
④施術待ちのお客様はサロンで待機せず、サロンの外(できれば車の中)で待機してもらう
⑤防具の使用
⑥施術中はマスクは必須、フェイスシールド、ゴーグル、手袋等推奨
⑦従業員は出勤時に清潔な服を着用してくること、また帰宅時は自宅に入る前に清潔な服に着替えること
⑧レセプション、施術台、シャンプー台、休憩室、御手洗等の衛生管理
⑨毎日清掃し清潔に保つ
⑩紙類を取り除く(紙の予約台帳を廃止し、オンライン管理にする等)

今後の対策として、ご参考にして下さい。

濃厚接触者か否か判断するのは各自治体の保健所となりますが、多くの保健所は「新型コロナウイルス感染症患者に対する積極的疫学調査実施要領」というものを使用しており、濃厚接触者とはどういう人のことをいうのかが記載されています。【P2の(用語の定義・解説)部分】
是非、ご一読いただき、今後の感染対策のご参考にしてください。

■新型コロナウイルス感染症患者に対する積極的疫学調査実施要領(2021年1月8日暫定版)
https://www.niid.go.jp/niid/images/epi/corona/COVID19-02-210108.pdf

「濃厚接触者」とは「患者(確定例)※1」(無症状病原体保有者※2)の感染可能期間において当該患者が入院、宿泊療養又は自宅療養を開始するまでに接触した者のうち、次の範囲に該当する者である。
①患者(確定例)と同居あるいは長期間の接触(車内、航空機内等を含む)があった者
②適切な感染防護なしに患者(確定例)を診察、看護若しくは看護していた者
③患者(確定例)の気道分泌液若しくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者
④その他:手で触れることの出来る距離(目安として1メートル)で、必要な感染予防策なしで、「患者(確定例)」と15分以上の接触があった者(周辺の環境や接触の状況等個々の状況から患者の感染性を総合的に判断する)。

※1 患者(確定例)とは、新型コロナウイルス感染症の臨床的特徴を有し、かつ、検査により新型コロナウイルス感染症と診断された者を指す。
※2 無症状病原体保有者とは、臨床的特徴を呈していないが、検査により新型コロナウイルスを保有していることが確認された者を指す。

美容室で使用する消毒液について

サロン内の椅子等器具への薬剤使用及び一時休業時の機器の取扱いについて

内容

タカラベルモント株式会社様より、
①サロン内の器具消毒(除菌)に係る薬剤使用
https://www.tb-net.jp/cs/200228.html
②一時休業時(閉店時)の機器の取扱い
https://www.tb-net.jp/cs/200410.html
の2項目についての注意点がネットに掲載されております。
タカラ製品をご使用のサロン様はぜひご確認ください。

東京都感染防止徹底宣言ステッカー

感染防止宣言ステッカー

美容室用の張り紙テンプレート

プリントパックポスター

ウイルス対策徹底ポスターの無料進呈

(株)プリントパック様が「ポスター・チラシの無料進呈」企画で、『がんばろう!理美容院応援委員会』と称し、
理美容室専用の「ウイルス対策徹底ポスター」の無料進呈する応援企画を開始しております。
デザインも3種類、さらにサロン各々で実施しているウイルス対策により4パターンから選べるというものです。ぜひ、ご活用ください。
https://www.printpac.co.jp/covid-19/measures/free_dist_poster_bs/

ダウンロードしていただき、各自プリントアウトの上、お使いください。

ポスター2

ダウンロードしていただき、各自プリントアウトの上、お使いください。

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)インストールのご案内

cocoa

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に資するよう、新型コロナウイルス感染症対策テックチームと連携して、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)を開発しました。ご自身のスマートフォンにインストールして、利用いただきますようお願いします。

本アプリは、利用者ご本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、お互いに分からないようプライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができます。

利用者は、陽性者と接触した可能性が分かることで、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができます。利用者が増えることで、感染拡大の防止につながることが期待されます。

【アプリの概要】
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000641655.pdf

【アプリのインストール】
・iphone(App Store)
https://apps.apple.com/jp/app/id1516764458

AppQR

・android(Google Play)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.go.mhlw.covid19radar

androidQR

新型コロナウイルス感染症 都民向け感染予防ハンドブックのご案内

このハンドブックは、新型コロナウイルス感染症予防について正しく理解した上で、安心して生活していただくことを目標に作成し、東京iCDC専門家ボード感染制御チームにおいて検討し発行いたしました。新型コロナウイルスがどのように感染するか、感染を防ぐにはどうすればよいかなど役立つ情報を掲載していますので、ぜひご活用ください。

内容

・東京都民 新型コロナウイルス感染症対策5つの約束
・新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)とは?
・新型コロナウイルス感染症にかかると、どのような症状がでますか?
・どうやって感染するの?
・気になる症状があるときに、気をつけることは?
・感染伝播予防の徹底
対策 1. 常にマスクをつけます
対策 2. 手洗いをしましょう!
対策 3. 換気
対策 4. 環境消毒
対策 5. 3密の場面を避けましょう
・感染予防に関するQ&A

PDF版ダウンロード

詳しく記載されておりますので、こちらをご覧ください。
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/kannsenyobouhandbook.files/tominmukehandbook.pdf